おまとめローンの基本的なことについて

おまとめローンとは、多重債務者向けの借り換えローンのことで、複数の債務を一本化することにより毎月の支払い額や金利を抑えることができます。2010年に改正貸金業法が執行され、新しく「総量規制」という法律ができました。総量規制とは、簡単にいうと消費者金融から「年収の3分の1以下しか借り入れできない」というものです。

しかし、銀行は銀行法という貸金業法とは別の法律に当てはまりますので、年収の3分の1以上借り入れすることが可能です。この総量規制という法律ができてしまったため、複数から債務をしている人が新規で借り入れしようとしても審査に通らず、借り入れできなくなってしまうという人が出てしまいました。そういった人たちの救済処置として取られたのがこの「おまとめローン」です。

おまとめローンの特性は、顧客に一方的に有利な借り換えと定められており、総量規制の対象外の貸付となっているため、年収の3分の1以上借り入れすることができます。

総量規制対象外のカードローンについて

預金者保護の目的で2010年に制定されたのが総量規制に関する新しいルールであり、このルールの制定によってアイフルやアコム、プロミスといった大手消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する場合、年収の3分の1を超える借り入れが不可となりました。

しかし場合によっては年収の3分の1を超えるカードローン契約が必要な場合があるでしょうし、いざという時に自由に借りて使えるお金が限られているのはやや窮屈なものです。

総量規制に関係なくカードローンを利用したいという場合には、銀行のカードローンの利用がおすすめです。

総量規制のルールは貸金業法に則ってサービス提供をしている消費者金融のサービスには適用されますが、銀行のカードローンは銀行法に則ってサービス提供をしているので、総量規制対象外となっているのです。

従って銀行のカードローンの場合は、銀行の判断次第で、年収の3分の1を超えるカードローン利用ができるのです。

具体的な例を挙げますと、一昔前には消費者金融だったレイクですが、現在では新生銀行グループの金融機関となっているので、レイクで取り扱っているカードローンは銀行法に則ったサービスであり、総量規制対象外のカードローンとなっています。