キャッシングの審査の本人確認の方法は

キャッシングの審査で欠かせないのが、本人確認です。本人確認は、身分証明書を提出することで行われます。

提出の仕方は、審査によって異なり、現在人気のWEB申込みの場合は、カメラ機能で撮影、もしくはスキャナで読み込んだ書類を、送信もしくはアップロードという形で提出をします。
無人契約機の場合は、その場で必要書類を読み込んで貰います。電話で審査を受ける場合は、FAXで送信するという方法も可能です。

そして、それ以外に郵送で提出するという形もありますが、郵送の場合は届くまでに時間がかかるため、すぐに契約手続きに進むことができません。
そのため、少しでも早くキャッシングの利用を始めたいのであれば、本人確認書類をすぐに提出できる方法を選んでおくと良いでしょう。

本人確認のないキャッシングはあるのか

キャッシングをしたいと思った時には、やはり申込の後には本人確認などが必要になってくる事でしょう。しかし、この本人確認は面倒だと感じられる方は大変多いのではないでしょうか。本人確認なしで、もっとスムーズに利用ができるものはないか、お探しになられている方もきっとたくさんいらっしゃると思います。

結論から言いますし、そういった本人確認が必要ではないようなカードローンも実際にあります。それは、ネット銀行系のカードローンで、既にそのネット銀行の口座を持っている場合に多いです。既に口座を持っていればそういった本人確認は既にすんでいるという事になりますから、キャッシングをしようと思った時にも必要はないのです。

また同様に、既にキャッシング枠のついたクレジットカードを持っているという場合には、そのクレジットカードを使って手続きや本人確認などは新しくせずに、キャッシングをする事ができます。

ただそういったものがないという場合には、やはりどこでも最初は本人確認をしないとキャッシングができないという事は、覚えておくようにしましょう。本人確認なしでキャッシングができないのか気になっていたという方は、参考にしてください。