キャッシングの審査には何が影響する

キャッシングをしたのときには必ず審査が必要になります。この審査を受けるときの基準は何になるのでしょうか。

まず1番の基準になるのは返済することができるかどうかと言うことです。

収入があるないにかかわらず、返済能力がなければキャッシング会社はお金を貸してはくれません。

たとえ収入がなくても担保になるようなものがあれば、キャッシングをすることは可能です。

会社としてはこの辺を厳しく審査しており、嘘をついて申告をすると、その会社でのキャッシングだけでなく他の会社でもキャッシングをすることができなくなります。

最近はすべてオンライン化されており、横の情報のつながりがしっかりしているので申請をするときにはしっかりと申請をしましょう。

総量規制対象外のカードローンについて

預金者保護の目的で2010年に制定されたのが総量規制に関する新しいルールであり、このルールの制定によってアイフルやアコム、プロミスといった大手消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する場合、年収の3分の1を超える借り入れが不可となりました。

しかし場合によっては年収の3分の1を超えるカードローン契約が必要な場合があるでしょうし、いざという時に自由に借りて使えるお金が限られているのはやや窮屈なものです。

総量規制に関係なくカードローンを利用したいという場合には、銀行のカードローンの利用がおすすめです。

総量規制のルールは貸金業法に則ってサービス提供をしている消費者金融のサービスには適用されますが、銀行のカードローンは銀行法に則ってサービス提供をしているので、総量規制対象外となっているのです。

従って銀行のカードローンの場合は、銀行の判断次第で、年収の3分の1を超えるカードローン利用ができるのです。

具体的な例を挙げますと、一昔前には消費者金融だったレイクですが、現在では新生銀行グループの金融機関となっているので、レイクで取り扱っているカードローンは銀行法に則ったサービスであり、総量規制対象外のカードローンとなっています。

消費者金融審査において重要な属性

消費者金融等の金融業者のカードローン審査では、返済出来るかどうかの確認を行う事になりますが、属性のチェックによって判断される事になります。

審査では業者側からすればお金を返してもらう事が必要ですから、収入は重要な要素になると思われがちですが、確かに高収入は審査で有利になるものの、それは一定以上の大きな金額を借りる時に始めて効力を発揮するものであり、低収入でもカードローン審査に通る可能性があるものです。

重要な事は収入の流れを持っている事であり、そこまで収入の大きさは問われるものではなく、まずは氏名や年齢、住所、職業、在籍期間、借金歴等の誰が見ても判定出来るような要素を総合してチェックされる事になり、収入の大きさは収入証明書提出が必要な目的別ローンのように大きな金額を借りる時に重要であり、通常のフリーキャッシングでは1社から50万、複数社から100万円を超えない時は収入証明も必要なく利用出来ます。

業者側としては不安定を嫌がる傾向にあり、これは属性の確認によって判断出来るものも多く、例えば在籍年数が長い人は安定した収入があると見なされ、逆に職業を転々としていると不安定であると見なされますし、持ち家と借家なら持ち家の方が安定していると見なされますし、会社員と自営なら会社員は安定した収入の流れがあると判断されがちです。

こうした客観的に判断可能な個人情報である属性確認から審査を通すかどうかを判断しているものであり、貸し倒れのリスクが少ない方は有利です。

本人確認のないキャッシングはあるのか

キャッシングをしたいと思った時には、やはり申込の後には本人確認などが必要になってくる事でしょう。しかし、この本人確認は面倒だと感じられる方は大変多いのではないでしょうか。本人確認なしで、もっとスムーズに利用ができるものはないか、お探しになられている方もきっとたくさんいらっしゃると思います。

結論から言いますし、そういった本人確認が必要ではないようなカードローンも実際にあります。それは、ネット銀行系のカードローンで、既にそのネット銀行の口座を持っている場合に多いです。既に口座を持っていればそういった本人確認は既にすんでいるという事になりますから、キャッシングをしようと思った時にも必要はないのです。

また同様に、既にキャッシング枠のついたクレジットカードを持っているという場合には、そのクレジットカードを使って手続きや本人確認などは新しくせずに、キャッシングをする事ができます。

ただそういったものがないという場合には、やはりどこでも最初は本人確認をしないとキャッシングができないという事は、覚えておくようにしましょう。本人確認なしでキャッシングができないのか気になっていたという方は、参考にしてください。