新アダルトは儲けがない。パーフェクトと現実の狭間で。

教え子の位、社会人になったら、きっととりどり勝てる筈!と漠然と信じていました。教え子では無理だけど、社会人になったら外車にのぼりたいな、人気選び会社で買い物目指すな、ついでにかわいい家内ができて夜景の感じる食堂で、、、けれども、実際、社会人になると最初は安月給で、おまけにタックスやら奨学賃金やら払いものも増えて不満になっちゃいました。

お家だったから、まだ楽なお客様だったんでしょうけど、もっと遊びたい!20代は二度と無い!と思い、地元の駅近くのキャッシングへ。そのときは、アコムでした。最初はときめき。なにをおっしゃるんだろう?父母にばれたらお断りなぁ。けれども、終わってみると拍子抜けするくらいあっさり10万円を貸してくれました。行く末への操縦として、売り込み仕事なので外食費も嵩むけど、暮し教育だ。そんな感じで、これからも有難い付き合いを通じていきたいとしてある。

増額申込み

現在3社からキャッシングをしておりリボ払いで返済中なのですが、車検やその他で現金が必要になり1社にキャッシング枠の増額を申込みました。すると現在の借入金を全額返済してからでないと増額できないばかりか、15万円までキャッシング可能だったのが5万円に減額されてしまいました。そこで焦った私は他の1社に増額申込みを申請しましたが、今度は総額で年収の3分の1以上の借入れがある場合は新たな借入れができないという法律のもと、キャッシング可能額がゼロになってしまいました。

そんな法律があることを知らなかった自分が悪いですし早く借金を精算するべきだとわかっていますが、とてもショックです。なので現在は本業に加えて副業やアルバイトを必死にしている毎日ですが、借金が減ってこれ以上の借入れがないことを考えるとそういう法律もありがたいのかも知れませんね。