消費者金融審査において重要な属性

消費者金融等の金融業者のカードローン審査では、返済出来るかどうかの確認を行う事になりますが、属性のチェックによって判断される事になります。

審査では業者側からすればお金を返してもらう事が必要ですから、収入は重要な要素になると思われがちですが、確かに高収入は審査で有利になるものの、それは一定以上の大きな金額を借りる時に始めて効力を発揮するものであり、低収入でもカードローン審査に通る可能性があるものです。

重要な事は収入の流れを持っている事であり、そこまで収入の大きさは問われるものではなく、まずは氏名や年齢、住所、職業、在籍期間、借金歴等の誰が見ても判定出来るような要素を総合してチェックされる事になり、収入の大きさは収入証明書提出が必要な目的別ローンのように大きな金額を借りる時に重要であり、通常のフリーキャッシングでは1社から50万、複数社から100万円を超えない時は収入証明も必要なく利用出来ます。

業者側としては不安定を嫌がる傾向にあり、これは属性の確認によって判断出来るものも多く、例えば在籍年数が長い人は安定した収入があると見なされ、逆に職業を転々としていると不安定であると見なされますし、持ち家と借家なら持ち家の方が安定していると見なされますし、会社員と自営なら会社員は安定した収入の流れがあると判断されがちです。

こうした客観的に判断可能な個人情報である属性確認から審査を通すかどうかを判断しているものであり、貸し倒れのリスクが少ない方は有利です。